三國志オンライン++ 三国志の瓦版

メニュー
・武将伝<順不同>
 ┣魏軍
 ┃├曹操(ソウソウ)
 ┃├夏侯惇(カコウトン)
 ┃├典韋(テンイ)
 ┃├夏侯淵(カコウエン)
 ┃├張遼(チョウリョウ)
 ┃├司馬懿(シバイ)
 ┃├徐晃(ジョコウ)
 ┃├甄姫(シンキ)
 ┃├曹仁(ソウジン)
 ┃├曹丕(ソウヒ)
 ┃├許チョ(キョチョ)
 ┃├張コウ(チョウコウ)
 ┃└ホウ徳(ホウトク)
 ┣呉軍
 ┃├孫堅(ソンケン)
 ┃├周瑜(シュウユ)
 ┃├陸遜(リクソン)
 ┃├太史慈(タイシジ)
 ┃├孫尚香(ソンショウコウ)
 ┃├孫権(ソンケン)
 ┃├呂蒙(リョモウ)
 ┃├甘寧(カンネイ)
 ┃├黄蓋(コウガイ)
 ┃├孫策(ソンサク)
 ┃├大喬(ダイキョウ)
 ┃├小喬(ショウキョウ)
 ┃├周泰(シュウタイ)
 ┃└凌統(リョウトウ)
 ┣蜀軍
 ┃├劉備(リュウビ)
 ┃├趙雲(チョウウン)
 ┃├関羽(カンウ)
 ┃├張飛(チョウヒ)
 ┃├諸葛亮(ショカツリョウ)
 ┃├馬超(バチョウ)
 ┃├黄忠(コウチュウ)
 ┃├姜維(キョウイ)
 ┃├魏延(ギエン)
 ┃├月英(ゲツエイ)
 ┃├関平(カンペイ)
 ┃├星彩(セイサイ)
 ┃└ホウ統(ホウトウ)
 ┣その他(後漢含む)
 ┃├董卓(トウタク)
 ┃├袁紹(エンショウ)
 ┃├貂蝉(チョウセン)
 ┃├呂布(リョフ)
 ┃├張角(チョウカク)
 ┃├孟獲(モウカク)
 ┃├祝融(シュクユウ)
 ┗└左慈(サジ)

お気に入り
三国の君主
【魏】曹操(そうそう)
 冷血だが優秀でかつ有能な部下を登用。

【呉】孫権(そんけん)
 親・兄から受け継いだ国を堅実に経営。

【蜀】劉備(りゅうび)
 人徳があるためか人が集まる。


・武将伝/仲間
 ---用語---
・部曲:同じ勢力のPlayerが集まって、立ち上げることの出来る集団(ギルド・クラン)

 戦乱に鍛えられた軍事国家
厳しく統制された軍事に秀でた勢力。合理主義を重視する君主、曹操の影響を強く受け、古い常識に囚われず、革新的・開明的な考え方が主流となっています。
事実上、天下を制した立場にあると官民共に自負しており、人々は誇り高く、政治を論じることを好み、上昇志向が強い側面があります。
君主の曹操に対し、大多数の人々は絶対的な信頼と尊崇を寄せていますが、その果断さ、非情さに恐れを抱く層も存在しています。しかし、その精神的な強さから生まれている絶対的な秩序と、それを支える有能な配下たちが、この時代そのものを主導していることは誰の目にも明らかでしょう。
 大河に守られた商業国家
開放的で、自由な気風漂う勢力です。呉は地の利に恵まれており、北に流れる大河・長江が、外敵の侵入を阻んでいます。さらに長江の水運を利用した水上交易が、呉の経済を大きく支えています。戦乱を避け長江を渡ってきた文化人たちの影響もあり、呉は商業を中心とした繁栄と新しい文化を築き上げました。
この地を治める孫権を筆頭とした若い世代には、自分たちでここまで作り上げたという誇りが強く根付いており、領土を侵されることには激しく反発し、武力を用いることを躊躇しません。
このような自由を謳歌する気風から生まれる活力が、民衆からの人気に繋がり、人々が明るく安心して暮らすことのできる地へと成長しつつあります。
 天府に築かれた新興国家
肥沃な地で資源も豊富なことから大きな成長が期待される勢力です。そのため、人々の生活は質素なものの、人心は穏やかです。
最近では劉備軍の入蜀を契機に、劉備の仁徳への思慕と、「漢室復興」という大義への情熱により、民衆の団結が急速に強まりました。
当初は、外から押し掛けてきた劉備への反発もありましたが、劉備や軍師・諸葛亮をはじめとする家臣たちの仁や義の心に触れるうちに自然と融和へと向かっています。
また、精神的なものや霊的なものに関心が深く、妖術や仙丹についての研究が進んでいるのも特徴でしょう。
豆知識
曹操
(155-220) 中国、三国時代魏(ぎ)の始祖。字(あざな)は孟徳。諡(おくりな)は武帝。廟号(びようごう)は太祖。黄巾の乱を平定。後漢の献帝を擁して華北を統一したが、江南進出は劉備・孫権の連合軍に阻まれた。詩賦をよくした。

孫堅
(156-192) 中国、後漢末の群雄の一人。孫権の父。黄巾の乱の平定に功があったが、劉表との戦いで戦死した。孫権によって武烈皇帝と追尊された。

劉備
(161-223) 中国、三国の蜀漢(しよつかん)の初代皇帝(在位 221-223)。字(あざな)は玄徳、諡(おくりな)は昭烈皇帝、河北の人。前漢景帝の子孫。関羽・張飛らとともに黄巾の乱鎮圧に尽力。諸葛亮(しよかつりよう)の天下三分の計により、呉の孫権と結んで魏(ぎ)の曹操を赤壁で破り、蜀を平定。221年成都で帝位につき国号を漢と号し、諸葛亮を丞相(じようしよう)とし呉・魏と天下を争った。

董卓
(?-192) 中国、後漢末の群雄の一人。強力な軍隊を背景に少帝を廃して献帝を擁立し、一時政権を掌握したが、部下の呂布に殺された。

袁紹
(?-202) 中国、後漢末の豪族・武臣。字(あざな)は本初。霊帝の死後、宦官(かんがん)の専横を抑圧。皇帝の廃立を行なった董卓(とうたく)を洛陽(らくよう)から追放して、冀州(きしゆう)を中心に勢力を伸ばし、山東の曹操(そうそう)と対立した。官渡(河南省)の戦いで敗れ病没。



LINK
・リンクについて 
基本的にはリンクフリーです。リンクする際にこちらに連絡されなくても構いません。
(C)KOEI Entertainment Singapore Pte. Ltd. / (C) KOEI Co.Ltd. All right reserved.
Copyright 2006 musounet.com /問い合わせ / All Rights Reserved.